tobiraya BLOG

豆本の扉やブログ http://www.tobiraya.net/blog/

2006年08月14日(月)

「手作り本と手作り蔵書票」展 [観る]

画像(127x160)

本型ブローチ

ジュンク堂池袋店9Fで9月15日まで開催されている「手作り本と手作り蔵書票」展、やっとやっと観て来ました。
まずは壁面にずらりと並んだ蔵書票を拝見。木版、消しゴム版画、ゴム版画、銅版画…、実物の存在感はやはりちがいます。小さいのに不思議な生命感があるのがいいです。版画の味わいというか、複製できても全く同じものにはならないような雰囲気が、その理由かも。
また、繊細な世界が描かれたり、柔らかいタッチだったり、ざっくり大胆だったり、多彩な世界が並んでいるのも快くて「蔵書票ってどういうもの?」「どうやって作ったらいい?」と悩まずともよいのだなと改めて感じた。小さいけど奥深くておおらかで、私の好きな切手と蔵書票はなんとなくイメージが似ている。

ジュンク堂独特の気持ち言い本棚に誘導されつつ、平台の豆本展示へ。ここで、気になっていた中尾エイコさん作のブックブローチを発見。どれにしようか悩んで悩んで、画像の渋い色のマーブル模様のものにした。マーブルもすべて模様が違いますし、本はちゃんとひらくことができます。小さいのにとても綺麗なつくりで愛らしい。

中尾エイコさんのサイトの、販売商品一覧というページにてブローチの画像が見られます。

蔵書票・豆本作品も販売されておりましたが、誘導された本棚にて欲しい本をドンドンドン、と見つけてしまい手持ちがなくなってしまい、唸りながら鑑賞するばかり。日を改めてまた買いにいってしまうかもしれない。

ジュンク堂9Fの下りエスカレーターから見える夕暮れ時の空、秩父の山?のシルエットが浮かんでとても美しかった。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年08月13日(日)

コミックマーケットC70 [観る]

画像(150x118)

赤い糸のふたり

おそらく4回目くらいの夏コミ。未だ毎回「こんなに人がいるところ見たことがない…」と驚く。私にとっては最も人口密度の高い本の市。商売っ気のない(単に商売っ気のある本とご縁がない)趣味性の高いすごくよい本が見つかります。絵本や研究本、エッセイ・小説など、「コミック」以外の本もたくさん。もちろん、漫画の中にもヨイ感じの本が多々あります。

私が毎回非常に楽しみにしているのが「オンツァケスの森」という夢日記の漫画。「他人の夢の話」といえばツマラナイ話の代名詞みたいなものですが、このサークルによる杉浦茂ばりのアジのある絵できっちり描かれるそれは、自分も夢を見ているような気持ちになれる不思議な世界。何度も読み返してしまいます。
「マンガ市場ドットコム」にて一部読めます。(全部のページを閲覧するには会員登録が必要です。利用料金はかかりません)

今回初めて買ってみた「チョコミンツ」さんの小さな絵本も良作。サリーというちょっと変わった女の子の話と、カラスの女の子の話が2冊セットになっていて、両方とも浮遊感・開放感があるすいすいとした絵でとても心地よいです。
チョコミンツさんのサイト http://chocomints.at.infoseek.co.jp/

その他、ダンゴムシ模様手ぬぐいとか、画像の弥次喜多キューピーなど本と並んでグッズを作っているサークルもあります。
カプリチャナさんのサイトで、手ぬぐい実物が見られます。
ダンゴムシの他に微生物手ぬぐいの画像もありました!ほしい。消しゴムはんこで作られているそうです。手ぬぐいのほかに、ぬいぐるみも作られています。

○弥次喜多キューピーの販売サークル名はわからなくなってしまいました…。

そんなこんなで、2時間くらい会場をぐるぐると回っては本が増えていき、充実感を持ってお昼すぎに帰りました。
私にとって即売会は、人気・不人気で判断するのではなく自分のカンで面白いものを探す喜びがある場所。これは書店や図書館でも同様かもしれませんが、書店に並ぶ作家とくらべ圧倒的に無名の書き手が多いぶん、同人誌即売会の方がその楽しさは大きいのです。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年08月10日(木)

本の手帳 [読む]

画像(135x180)・拡大画像(150x200)

おもしろいよ

@telier A&Gさんから「本の手帳」という雑誌が届きました。おれいゆさん作の蔵書票が付いているので、うれしさ増。

関美穂子さんの作品を拝見したり、呂古書房(神保町にある豆本とこけしのある古書店)で箱いっぱいあるのをあさったりするうちに、関心を持ってきた「蔵書票」。 ※蔵書票とはその名の通り蔵書に貼るもの。自分の好きなモチーフで作ってもらったり、自分で本にちなんだものを作ったり、自由な発想で作られる小さく美しい紙片です。

そんな蔵書票作品がずらーっと並び、作り方の指南もあり、さらにスタンプに美しい持ち手をつけるカスタマイズ方法や、蔵書票バトル!なんていう企画まで。痒いところに手が届きまくっています。
さっそく「はんけしくん」10個まとめ買いしてしまいました。まずは鳥版画豆本用に彫らねばいけませんが、合間合間に少しずつでも。




■池袋ジュンク堂9Fにて「手作り本と手作り蔵書票」という展示が9月15日まで行われています。
蔵書票はもとより本の形のブローチ(→田中栞さんのブログへ)が気になる!と思いつつ抜けられぬ用事が続いてなかなか行けておりません。はやる気持ちを抱える日々です。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年08月07日(月)

バー・サンサロ、残部一冊。 [おしらせ]

扉やの豆本(短編読み物)「バー・サンサロ」が残り1冊となりました。
ご注文はメールの早い順で承ります。
本の詳細はこちらをごらんください。
 http://www.tobiraya.net/books/mb/bar.htm


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年08月06日(日)

重い腰を上げて [豆本製本]

画像(149x141)

はんこ、てきとうver.

ここ数日ノートやメモを整理しながら本の構想まとめておりました。
図書館の物語を書こうと思っておりまして、細かいあらすじをガシガシと書いて、ひとだんらく。

●ずーっと忘れてた、たまごみたいなヘンな生き物が主人公の絵本。本文をガシガシと。イラストもらくがきしながらやる。でもオチがなくて終われなくなった。要再考。

●消しゴム版画主体の本。テーマ・鳥。ハンコの下書きガシガシと。20個くらい彫ることになる予感。はんけしくん(はんこ用の消しゴム)たくさん買わないと。

●簡易製本の小さい本のアイディアちょこちょこ。テーマお茶。これはデザイン主体の眺めてかわいい本にしたい。とりあえず余力があるときに…。



話(文章)が出来ないと何もできない方なので、しばらくあれこれたしたりひいたりする予定。画像のはんこは、メモの端っこにあった落書きがなんとなく気に入って切手型はんこにしてみました。気がぬけた猫とハニワ。5円(てきとう)切手。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

西イズミ

扉や(とびらや)

豆本と猫雑貨製作

西イズミ

http://www.tobiraya.net/
twitter : @brunnen_
インドアな本好き。猫の飼い主、豆本作家、雑貨作家、イラストレーター。
現在3冊の既刊があります。その他、猫関係のお仕事をときどき雑誌やテレビでしております。
☆「猫がよろこぶ手作りグッズ」(WAVE出版)
☆「猫との暮らしを楽しむヒント228」(河出書房新社)
☆「作ってあげたい猫の首輪」(河出書房新社)

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 豆本・製本 ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006-2009 TOBIRAYA All rights reserved.