tobiraya BLOG

豆本の扉やブログ http://www.tobiraya.net/blog/

2007年10月20日(土)

OUR DAILY BREAD (邦題:いのちの食べかた) [観る]

試写会で観る。(於・オリベホール)
物語はない。セリフもない。刈り取られるトマト、掘削される岩塩、たくさんの豚、牛、鳥、魚……それらがどうやって「食べ物」になっていくのかという映画『OUR DAILY BREAD』。("いのちの食べ方"なる邦題はすきでない)

例えば、鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥。みたいな光景が淡々と。「鳥」は豚や花にも入れ替わる。あんまりたくさん同じ字を書くと「こんなだっけ?」と不思議な気持ちになるけれど、映像でも同じなんだ!と実感する。なにがなんだかわからなくなってきてもなお、強烈な印象を与え続ける鳥の海。

こんなふうに書くとグロテスクな映画のようだけれど。実際、グロテスクなのかもしれないけれど。とにかく、見たことのない映像ばかりだから「これがこうなるの?」「そういうシステムなの?」「あれは何?」と、驚きやら想像やら不思議さが先に立って頭の中が「わーわー」と興奮して忙しい。
とはいえ、動物が出てくると一体どうなっちゃうのかドキドキしてしまう。そして農薬?らしきものが散布されている場面であっても植物が出てくると少し和む。そんなシーンの切り替え方も絶妙だった。

だだっぴろい場所でウィーン、と巨大ロボットのごとく動くメカ。ちゃっちゃか処理してゆく働く人々。なんてスゴイ日常なんだ!と反射的に思うのだけど、彼らにとってはごくごく普通の毎日なんだよな。とすぐ気付く。いやー、でもやっぱりすごいな。と思っているうちに映画は終わってしまった。ラストのあたりは最初から「きっとそうだろう」と思っていた予想通りの展開であり、絶対にセンチメンタルになりたくなかったのだけどちょっとなってしまった。私は彼らが好きなんだな。

実のところ、ちょっと空腹でホールに入った。「観た後どうなるのかな?」と思ったのだ。結果は…ちゃんとお腹が空いていた。業が深いととるか食いしん坊ととるか図太いととるか。全部なのかな。

◎上映前の小泉武夫、内澤旬子両氏のトークショーも面白かった。鯨の解体を子供に見せるとそれまで「鯨可哀想〜」と言っていた子らも鯨がどんなものか知ることができて、それ以前より鯨を好きになる(そしてちゃんと食べるのだとか)という…。内澤さんの「世界屠畜紀行」は10年間ほど取材期間があったそうで、大変楽しみにこれから読みます。(気付けばずいぶん前に買ってあった)

邦題はそのまま「日々の糧」の方がピンと来る。この映画はいのちの食べ方を説いているわけでも、強いているわけでもありません。

★11月10日から渋谷シアター・イメージフォーラムその他で上映開始。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2007年10月19日(金)

お礼状 [おしらせ]

猫楽百貨ご来場の方へのお礼状、来週中には発送予定です。感想用紙にある”扉や”のところにマルを付けてくださった方へ送る予定ですが、「欲しい」とご希望の方には発送いたしますのでメールフォームかmamehon★tobiraya.net(★を@に)まで宛先を書いてご連絡ください。(手紙・ハガキを書くのが大好きなので、ご遠慮なく)

ちょうどデザインを考えていたところに、『ねこ星』(魚眼レンズで猫を撮影しまくったこの夏の結晶写真集)のある一枚をポストカードにしては…?というアイディアをいただいたので、これ幸いと早速発注してみました。ごく簡単なものですけども。ちょっと楽しみ。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年10月16日(火)

猫楽百貨、無事に終了しました。 [イベント]

猫楽百貨が無事に会期を終えました。夏以降、作品制作が本格化してから本当に目の回るような日々で(自分のせいですが)、各方面にメイワクをかけつつなんとか作品が出来て、多くの人に来場していただけて、無事に会期を終えられて、やっと一安心しています。
足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました。
出展作家の皆様、お疲れさまでした。
ギャラリーオーナー、DM設置にご協力いただいた方々、本当にお世話になりました。

この展示で思っていた以上に楽しんでいただけたのが点取り占い。(占い?文+猫イラストが書かれたおみくじ状のものが8枚封入され、ひとつひとつ開けて点数や文の内容を味わうというもの。今回は196種書き下ろし)
もっと詳しい参考サイト

展示後、最後に残ったディスプレイ用のものを自分で開けてみました。結果は…。

画像(180x83)・拡大画像(533x247)

画像(180x83)・拡大画像(533x247)
画像(180x83)・拡大画像(533x247)
画像(180x83)・拡大画像(533x247)
画像(180x83)・拡大画像(533x247)

10点2枚出ましたー。
こころが軽くなってきた

むだな事をたくさんしよう

こんな事ではへこたれぬ

そろそろ温泉に行くころだ

きみは大きなやつだぜ

この流れに感動。ってじがじさん。(あと3枚は家族が開けて行方不明)


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年10月12日(金)

ハイビスカス [日常]

画像(94x120)


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年10月09日(火)

猫楽百貨 初日 [イベント]

先日、無事に展示の初日を終えました。朝からぽつぽつと降り出して、蒸したり冷えたり不安定な天気でしたが、会場まで多くの方に足を運んでいただきました。どうもありがとうございました。

きちんとした作品画像が撮れぬまま、なんだかんだと眠らずに搬入し、当日会場で急いで撮った写真ではありますが、お伝えいたします。
★本日9日も13時から数時間、会場にいる予定です。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

豆本棚に載っている小さな本「あおいねこあかいねこ」。
ジャバラ製本2冊組。箱に入っており、箱の一部が猫型パンチで抜いてあります。
画面中央の本は魚眼レンズで撮影した猫写真集「ねこ星」(50ページ)。本文の写真用紙が厚さがあるので、見やすくするためスケッチブック状にしました。カメラっぽいニュアンスを出したくて、リネンのレースを使ったストラップ状の飾りがついています。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

「猫一匙」は猫みやげの紹介本(48ページ)。タイトル、柄は金の製本用クロスに一冊ずつスタンプしてあります。スタンプはつや消しになり、金のクロスの光沢との対比が面白い効果になっています。
※下でニヤリとしているのは、手ぬぐいの猫。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

点取り占い。一袋200円。192種の占い?の文章(考えました。全部猫カット付き)の中から8枚ずつが袋に入っています。駄菓子屋さんにあった、「ねこ瓶」に入っています。
とりあえず、点取り占いというものが自分が思っていたよりもかなり知名度がない遊びだったと気付きました。同世代の人でもほとんどが知らなかったので、世代の差ではなくて地域差じゃないか?との友人の指摘あり。今はすべて存在しませんが、私が小学生のころは近所に駄菓子屋が何軒もあったのです。UFOという円盤状のチョコがけのカステラが好きでした。あと、さくらんぼ餅とか青りんご餅とか。…皆さんはご存知でしょうか?点取り占い。

画像(121x180)・拡大画像(432x640)

定番化してきたマトリョーシカ。いつものサイズ、3体組の大きさのもの。今回は全員猫を持っている柄にしました。すべてアクリル絵の具による手塗りです。
最後に出てくるものにご注目を。(ご自由に開けて、中をひとつひとつご覧になってみてください)

画像(180x152)・拡大画像(640x543)

張り子の招き猫。こちらもアクリルガッシュによる手塗りです。各種柄有り。それぞれ、縮緬の首輪を結んでいます。梵天つきの物と、鍵のチャームがついたものとあります。大きな招き猫と、「珈琲・紅茶・クッキー」をそれぞれ手に持った「お茶会招き猫・3匹組」もどこかに並んでおります。

画像(149x180)・拡大画像(530x640)

猫抱きマトリョーシカ(大)。初めて作ってみた5体セット。こちらも全員、猫を抱いています。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

西イズミ

扉や(とびらや)

豆本と猫雑貨製作

西イズミ

http://www.tobiraya.net/
twitter : @brunnen_
インドアな本好き。猫の飼い主、豆本作家、雑貨作家、イラストレーター。
現在3冊の既刊があります。その他、猫関係のお仕事をときどき雑誌やテレビでしております。
☆「猫がよろこぶ手作りグッズ」(WAVE出版)
☆「猫との暮らしを楽しむヒント228」(河出書房新社)
☆「作ってあげたい猫の首輪」(河出書房新社)

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 豆本・製本 ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006-2009 TOBIRAYA All rights reserved.